糖尿病治療のカギは血糖の正常化

糖尿病の治療は、最近大きく変わって来ています。
それは単に糖尿病の症状を取り除いて社会復帰するだけでなく、「糖尿病の合併症(目の障害・腎臓の障害・神経の障害)を起こさないように、また既に合併症が起こっている場合はそれが進まないように治療する」ことが目的になったからです。

(もし合併症が発症していても水素風呂に浸かって水素を摂り込むことを続ければ、合併症が進まなくすることもできるかもしれません。)
そのためには「血糖をできれば正常に、それができない場合も血糖をできる限り正常に近づける」ことがカギになります。
(血糖値の正常化のために水素を活用するのも有効かもしれません)
したがって糖尿病の治療はこれまでの治療に比べずっときめ細かな食前・食後の血糖の正常化を目指した治療になって来ます。

食事療法や運動療法で血糖を正常できない場合、薬が使われますがこの治療法も目的は同じです。
薬だけでなく水素風呂を活用することもいいかもしれません
一種類では足りない場合は二種類を、それでも不十分な場合三種類以上使う場合もあります。

しかし、患者さんの糖尿病の程度、発病してから年月、合併症の有無や種類・程度はさまざまですから、治療法は一人ずつ全部違います。(これを治療の個別化といいます)
糖尿病を患っている方々が糖尿病を恐れずしかし軽視せず克服され、充実した人生を歩まれるように心から願わずにいられません。

http://hydrogen-abc.xyz/