株取引(上場している株式会社)には禁止事項というのがあるはずです。

仮に禁止事項を破ってしまった際、懲役や罰金を科せられます。

安全に株取引(株を買うと、株主になることができ、その有価証券を発行している株式会社に出資したことになるのです)をする為にもこれから株(きちんと仕組みを学んでから投資しないと、資産がマイナスになってしまいます)を開始してる方はその禁止事項を知っておいた方が良いかもしれません。

株取引(株を買うと、株主になることができ、その有価証券を発行している株式会社に出資したことになるのです)の主な禁止事項は以下の通りです。

・空売り規制
・インサイダー取引
・見せ玉
・風説の流布
・仮名取引や借名取引

空売りには規制が設けられており、これを破ってしまうと罰金を科せられることもあります。

インサイダー取引とは株価(約定にまで至らない場合には、気配値・けはいねといいます)に影響を及ぼすような情報を知った上で、その情報が公開される前に事前に株(きちんと仕組みを学んでから投資しないと、資産がマイナスになってしまいます)式の売買を行う行為です。

見せ玉とは大量の売買注文をして、取り消し・訂正を繰り返し、株(最近では、投資額が少なくても買えたり、証券会社に投資対象を委ねる投資信託なんかもあります)式相場が活発に見せかける行為を言います。

風説の流布とは自分が利益を出すために嘘の情報を広める行為です。

インターネット(たいへん便利ですが、その反面、ウイルスや詐欺などの危険もあります)が普及した事により、自由(自分で自分を制限しないことだと定義している方もいます)にほとんどの人が情報を発信可能ですが、風説の流布に該当することは書かないようにするのです。

架空の名義で取引を行ったり、家族などの名前を借りて取引を行う事も禁止されているのです・美的酵素のお試し体験談