瞼の痙攣の改善方法

目の痙攣とは、目の周りの筋肉の瞼(まぶた)がピクピク痙攣することです。
目の痙攣には、一時的な目の痙攣と長く続く瞼の痙攣があります。
一時的な目の痙攣の多くは、疲れやストレスによるものが多く、あまり心配しすぎず、疲れのサインだと思って、まずはゆっくり休養をすることが大事です。
ただし、目の痙攣が長く続き、一時的な目の痙攣でない場合は、病院で一度診てもらいましょう。

一時的な目の痙攣の場合は、スマホやパソコン、読書、テレビ、ゲーム、勉強などで目を長時間酷使することやドライアイ、睡眠不足などが原因でまぶた(目)が痙攣していることが考えられます。
目の痙攣が一時的なものではなく、あまりにも長く続く場合には、その他の病気の可能性も考えられますので、眼科にて一度検査していただくことをオススメします。
目の痙攣の予防・止め方・治す方法は
・定期的に目を休める。
・まばたきの回数を意識的に多くする。
・蒸しタオルで目のまわりを温め、血行をよくする。
これらを意識することで痙攣が改善されるかもしれませんね。

まぶた 痙攣 原因と改善