犬が地面に体をこすりつけるのは痒いから?

自分のニオイが消えるのは嫌なこと

ゴロンと仰向けになって、地面に体をこすりつけるのは謎の行動。

これは、シャンプーなど自分の体に付いたニオイを取り除こうとしたり、泥などを体につけて、ニオイをカモフラージュする行動と言われています。

犬にとって体臭はとても大切な情報源。

自己アピールするために必要なニオイが薄れるのは、困ったことなのです。

また、体をこすりつけるのをなかなかやめようとしない場合は、ダニやノミが寄生している可能性もあります。

気になるようなら動物病院で診察してもらいましょう。

 

・被毛の手入れは適度にしましょう

犬の体を守る被毛を清潔にしておくことは大切ですが、人間が毎日お風呂に入るのと同じ感覚で、頻繁にシャンプーする必要はありません。

清潔にこだわって洗いすぎると、自然に分泌される皮脂が減り、皮膚バリア機能が落ちて皮膚病を招くことがあります。

被毛の長さや、ライフスタイルによっても異なりますが、シャンプーは月に1回くらいが目安になります。

また、シャンプーの前には必ずブラッシングをして、汚れやフケを取り除きましょう。

 

・夜更かしは換毛期のサイクルを乱します

犬は日照時間の長さで季節の変化を感じ取り、これによって換毛期が訪れます。

しかし、深夜まで電灯の光を浴びている犬は、季節の変化がつかめず、換毛期のサイクルも乱れがちに。

規則正しい生活でリズムを崩さないようにしましょう。

犬のしつけならワンブル、詳しくはこちら