高血圧治療の目的は?

血圧治療の目的は合併症の予防です。

高血圧治療の目的は、脳や心臓への障害を予防して、その進行を抑えることにあります。
処方される降圧剤は血圧を下げて、その結果、臓器への障害を抑えることが証明されています。
さらに、糖尿病、脂質異常症などの合併症がある場合には、それらに悪い影響を与えない降圧剤を選ぶことが大切になります。

高血圧治療のポイント

高血圧治療の基本は、生活習慣の改善といわれています。
食事や運動療法に加えて、日常生活の注意点として、禁煙、ストレス解消にこころがけましょう。
それでも、血圧が高い場合には、降圧剤による治療を開始します。
降圧剤を服用していても、生活習慣の改善は、続けなければなりません。

まずは、自分でできる治療法である「食事療法による食生活の改善」「運動療法による運動不足の解消」「禁煙やストレスをため込まないなどの日常生活の見直し」を積極的に行います。

それでも高血圧の症状が改善されない場合にかぎり「降圧剤の服用」をするようにしましょう。

http://www.unlloconcauremort.com/