肌のきめの細かさは何で決まるのか? 

 

肌のキメが細かいほど肌は美しい。そんな言葉を耳にしたことはありませんでしょうか?キメが細かい肌とはどういう状態なのでしょうか?

それは皮膚の表面にある溝が深くて細くはっきりとしている状態のことです。溝が深くて細

かくなるほど、肌表面の質感はなめらかになります。

半面皮膚の溝が浅く、広くなり、溝事態が不ぞろいになる。また毛穴が大きくなると肌の表面はざらつとしてしまい、いわゆるキメが荒い状態になります。

生地でもキメの細かい布は手触りがなめらかですが荒い布はざらざらしています。人間の肌も同様です。

もともと日本人の肌は欧米人に比べてキメが細かいといわれています。欧米人の肌に触れてみるとざらざらしているのに気が付くでしょう。

これは民族的な違いもあるかもしれませんが、欧米と日本の気候にも大きく影響を受けているのかもしれません。

欧米地域は乾燥していることが多く、日本は高温多湿です。乾燥している気候は肌をがさつかせる要因になっているのかもしれません。

美白について興味があるかたはコチラ