目の下のクマの種類は3タイプ

皆さんご存知でしょうか?
同じ目の下のクマといっても原因によって目の下のクマの種類が違ってきます。
また、目の下のクマは、乾燥と冷えが厳しい冬の時期に起こりやすい傾向にあるようです。

そんなクマですが、種類は大きく分けて3つあります。
細部は以下のとおりです。

1.血行不良による目の下のクマ→青クマ

  • 睡眠不足や疲労、ストレス、低体温、目の疲れによる血行不良が原因の目の下のクマ。
  • 血行不良による目の下のクマで悩んでいる方の中には、肩こり頭痛や冷え性持ちの方が多くいるようです。

2.色素沈着による目の下のクマ→茶クマ

  • 目の周囲の皮膚にメラニン色素が沈着して茶色っぽく見える目の下のクマ。

3.くぼみや凹みなどによる目の下のクマ→黒クマ

  • 目の下に出来るくぼみ、目の周りの筋肉のたるみ(目の下のたるみ)、涙袋等が原因で影のようになって見える目の下のクマ。

なぜ目の下にだけ「クマ」ができるのでしょうか?

目の下のクマの原因としては、睡眠不足や疲労、ストレス、体調不良による血行不良だけでなく、眼精疲労、ドライアイも目の下のクマには良くないことがわかっています。

でも、なぜ目のまわりにだけ、「クマ」ができるのでしょうか?
それは、眼のまわりやまぶたの皮膚が、まわりの皮膚に比べてとても薄く、皮膚の下の血管の色などが見えているからです。

特に、眼の下の皮膚は0.6ミリととても薄く、卵の薄皮程度しかありません。

そのため、目の下の部分は、皮膚の下に張り巡らされた毛細血管の色が常に透けて見えるほどなのです。

人体の中でも特に眼の下は薄いので、睡眠不足や疲労、ストレスによるうっ血などで血液が黒ずんでいたり、皮膚にメラニン色素が沈着した状態では、その部分が黒ずんで見え、それが「目の下のクマ」となります。

疲労や睡眠不足、ストレスの蓄積などの影響で、疲れがたまり血流が低下します。

血流が低下すると血管が圧迫され、血管が目の下の脂肪を押し出します。

前に出た脂肪が今度は毛細血管を圧迫することにより、毛細血管の血行がさらに悪くなり血液中の酸素が欠乏します。

血液中の酸素が低下するとヘモグロビンが暗赤色になり皮膚の薄い目の下の部分が黒ずんで見えるのです。

つまり、それが「目の下のクマ」なのです。

ヘモグロビンは、血液の赤血球中に存在する色素タンパクで、全身に酸素を運ぶ役割を担っています。

肺で酸素と結合して、血液と一緒に全身に運ばれ、酸素を供給します。

酸素と結合した状態のヘモグロビンは、「酸化ヘモグロビン」と呼ばれ鮮やかな赤い色をしています。

しかし、酸素を供給した後は酸素が離れ、この状態を「還元ヘモグロビン」と呼び、色は暗赤色をしています。

■酸素を含むヘモグロビン=鮮やかな赤色

■酸素を含まないへモグロビン=暗い黒っぽい色

つまり、「目の下のクマ」をとるには目元の血流を改善することがポイントということになります!

てっとり早く改善したい方には、筆者がおすすめする方法をお教え致します。
↓↓↓
アイキララですばやく目の下のクマを改善